車買取と、車検について

車買取と、車検について

さて、傷とへこみについては修理せずに車買取に臨むほうが良いということがわかりました。

しかし、母の懸念はまだあります。

それは、車検についてです。

素人の考えでは、車検が多く残っていたほうが高く売れるように思えます。

しかし、母の売却予定の車は、車検があまり残っていなかったのです。

それなら、車買取を頼む前に、車検を通しておいたほうが有利なのでは? と考えたのです。

しかし、それについても、大阪出身の営業マンは首を横に振りました。

たしかに、車検を通した車と、車検切れの車では、前者のほうが高値がつくでしょう。

しかし、たとえ高値で売れたとしても、車検にかかる費用のほうが高くついてしまうのです。

これは、傷、へこみの修理の件で説明したことと似ていますね。

つまり、たとえ車検が切れていても、そのまま出したほうが、売却側としてはお得なわけです。

そして、大阪出身の営業マンは、強い口調で以下のことを教えてくれました。

「車検の有無で買取額が大きく変動するような業者は、悪徳の可能性が高い」と。

なるほど、車買取においては、車検はさほど重要ではないようです。

やっておいたほうがいいこと その一

大阪出身の営業マンによって、傷やへこみの修理、車検は、コストの面からやる必要がないことがわかりました。

しかし、だからといってお金がかかることすべてを放棄していい、というわけではありません。

車買取において、大事なこと。

それは、「売りたい車をどれだけ良く見せられるか」、ということです。

では、わたしたちが車買取を依頼する前に、やっておいたほうがいいことは何か。

まず挙げられるのが、「洗車」だそうです。

たしかに、考えてみれば当然のことです。

いくら中古車といっても、売り物だということには変わりはありません。

少しでも綺麗にしておいたほうが良いに決まっています。

洗車については、そこまでコストがかからないので、必ず洗車しておきましょう。

それから大阪出身の営業マンは、「ワックスもかけておいたほうがええで」と、付け足してくれました。

大阪の車買取の方法

もちろん、高級なワックスを使う必要はありません。

わたしたちは、車買取市場においてお客であると同時に、売り手でもあるということを、改めて認識しなくてはならないのです。